健康-パニック障害

パニック障害発症10ヶ月目で「寛解」に至るまでの記録を書いてみた。

私がパニック障害と診断されて10ヶ月目にして「寛解」に至るまでの記録を書いてみました。私なりに症状改善に効果のあったこともまとめてあります。お役に立てたら幸いです。

好きな仕事をしていたはずなのにメンタルを壊した理由。それは「環境」が原因だった。

なぜ私は好きなことをやっていたはずなのに、メンタルを壊してしまったのか?それはありのままの自分を出せる『居場所』じゃなかったから。「好きなことをやる」と同じくらい大事なのは「好きな環境に身を置く」ことなのかもしれません。

パニヌケ!うつヌケ!ストレス抑制に効果的なのは豆腐とチョコレート。

ストレスが起因して起こる病気(パニック障害やうつ病など)はトリプトファンという栄養素が不足しているからかもしれません。トリプトファンは幸せホルモン「セロトニン」を作る素になり、ストレスを抑制します。豆腐や魚、チョコレートなどからトリプトフ…

パニック障害になった原因はカフェイン多量摂取だったのかもしれない。元スペシャリティコーヒー店員の悲しい事実。

カフェインの多量摂取はうつ病やパニック障害の大きな原因になります。元スペシャリティコーヒー店員が経験した苦悩と理由を説明します。

【乗り物恐怖症】克服への道!電車に乗る覚悟ができました。

パニック持ちでも夢は世界一周。その第一歩として、乗り物恐怖症を克服する覚悟ができました。苦手なことにあえてチャレンジする精神疾患のリハビリ方法とは?

【幸せホルモン】ストレス撃退!あなただけのオキシトシンを見つけよう。

オキシトシンをご存知ですか? ストレスを撃退するために必要な『幸せホルモン』の1つです。 動物とのスキンシップで分泌される?いえいえ、それ以外にもオキシトシンは潜んでいます!自身のオキシトシンを知って、ストレスを撃退しましょう。

【心がホッとする言葉】精神科の6ヶ月は外科の6日なんです。

私の先生が放った『精神科の6ヶ月は外科の6日』とは一体どういう意味? 心の病気において、ゆっくり治すことがどれだけ大切か。そして、この言葉でホッとする人がたくさんいると願いたいです。

安定剤がない!愛犬チワワが食べた?土曜日のドンチャン騒ぎ。

なんでもかんでも食べ物だと思い、バキュームしてしまう愛犬ハナと愉快な我が家のお話。土曜の昼下がり、こたつに置いたはずの常備薬がなくなっていることに気づく...応用の効かない私と母は、真っ先にハナを疑う。

【我が家にギャルがやってきた】今、発作中です。

兄が連れてきた嫁さんは21歳現役大学生。人見知り発令で超緊張状態からの発作。リフォーム業者も工事に来ちゃってもうドンチャン騒ぎ。ぼーっと過ごしたい年末年始に起きたパニック発作のオンパレードの話をお届け。

【パニック障害】発作に対する誤解を解きたい!と思った話。

パニック発作に関する誤解が多すぎて生きづらさを感じる。発作中は気が狂って手に負えないなんて思っている人が多いけど、それは全く違う。泣き叫ぶ暇なんてない。だって脳内大忙しだから。笑

新年あけましておめでとうございます!私事ですが、抱負です。

Rainbow Mountain, Peru, 2016 新年明けましておめでとうございます。 mochaです! 旧年は、拙い文章ながらたくさんの方にブログを読んでいただき、誠に感謝申し上げます。 今年もまだまだ未熟な私ですが、マイペースに頑張ってまいりますので応援のほどよろ…

【パニック障害】えっ、治らない?「寛解」という意味とは。

パニック障害って「完治」しないの?「完治」しないけど「寛解」するってどういう意味かを徹底的に調べてみました。

人間、みな凸凹です!主治医が教えてくれた当たり前だけど見落としがちなこと。

私が通っている心療内科の先生に教えてもらった、当たり前だけど忘れがちなことを紹介します。人はみんな強さと弱さを持ち合わせている。大事なのはそれを丸っと認めてあげること?

【ゆる糖質制限】私が始めた理由と意外な効果。

ストイックじゃないのに着実に痩せる、『ゆる糖質制限』。筆者が実行した結果5ヶ月で7キロのダイエットに成功。またダイエット効果だけじゃない、糖質が体に与える意外な影響とは?

電車に乗れません!私が抱えるパニック障害症状について。

パニック障害の症状も十人十色。私が現在抱えている症状を公開します。中でも一番辛い症状は、電車に乗れないことです。