電車に乗れません!私が抱えるパニック障害症状について。


f:id:mochachanccookie:20181209223137j:plain

 

こんにちは、mochaです!

 

 

なぜパニック障害になったのか?

これめっちゃ聞かれます。 

でもこれ私もよくわかりません。

 

実は現在も決定的な理由がわからないでいます。

実際に専門家の間でもパニック障害の原因はまだ不明なことが多いそう。

十人十色で一人一人原因が違えばもちろん症状も違うので断定って難しい。

 

そこで、私が抱えるパニック障害の症状を

書いていきたいと思います。

※あくまで個人的な見解です。一人一人症状や原因は異なります。

 

私のパニック症状

胸がギューーーーって苦しくなる 

辛さレベル ★★★☆☆3

 

ちょっと縁起の悪い話ですが大切な人を亡くした時や、大きなショックを受けた時に胸がギューーーーって苦しくなる経験ありませんか?

 (好きな人にキュンとするあれとは違います)

 

この胸の痛みが青天の霹靂のように襲うのです。 

 

私は大恋愛の末に大失恋したことがあり、それが辛すぎて胸が苦しくなる経験がありました。でもこれには、大恋愛の末に2回振られて大失恋した、というちゃんとした理由がありますよね。

 

でもパニック発作の胸の痛みは理由がないのです。急に来ます。

そのたびに心の中は「怖い!痛い!勘弁して!」ってなってます。

発作中は人の声や音、会話が全く耳に入りません。

 

対策
  • 深呼吸をする(ちゃんと息を吐き切るのがいい)
  • 深呼吸が無理だったら、デカイため息ついてみる
  • 四の五のいわず頓服を服用する

胸が苦しくなる時は呼吸が浅くなってることが多いそう 。

だからまずは深呼吸が効きます。しっかり吐き切ること。これも大事です。

それすら無理な時は頓服を服用します。

 

死んでしまうんじゃないかという恐怖感に襲われる

辛さレベル ★★★★☆4

 

これまた青天の霹靂のごとく襲ってきます。胸の痛みよりはるかに辛いです。

胸の痛み→死の恐怖の順番に起こることが多いです。

 

この症状本当辛いです。

対策
  • 大丈夫!死なない!死なない!と言い聞かせる
  • 周りに助けを求める

人によって様々ですが、私の場合この恐怖感は30秒〜1分で静まります。

じっと待ってれば必ず静まるし、絶対大丈夫と自分に言い聞かせます。

また、周りに人がいたら状況を話してみると気づけばすっと治まってたりします。

 

めまい・立ちくらみ・貧血

辛さレベル ★☆☆☆☆1

 

わたしの場合、上記のいずれかの症状と併用して起こることが多いです。

特に2つ目の死の恐怖を感じる時に、血の気が引いて貧血っぽくなったりします。

 

対策
  • あまり気にしない
  • 深呼吸をする
  • 爪もみやリンパのマッサージをする

立ちくらみめまいはパニック障害じゃない人でも普通に起こりうること。

あまり気にしないようにしています。

まずは深呼吸。それから血流を少しでも良くするために爪もみやマッサージをするのも効果がありました。

 

電車に乗れない!たぶん飛行機も!

辛さレベル ★★★★★5

 

わたしは初めて発作が起きた場所が電車でした。

「このまま電車に乗ってたら死んでしまう」意識がどんどん遠のいていきました。

なので電車に対してはトラウマが特に大きいです。  

 

電車に乗れないどころか、まだトライしていませんが飛行機にも乗れない感じです。

旅好きの私にとってショックの大きい症状です。乗り物恐怖症を持っている方はパニック障害患者以外にもいらっしゃると聞きます。

 

対策 

 

  • まずは駅に行ってみる(クリア◎)
  • 発作を理解する人と乗ってみる(クリア◎)
  • 発作を理解する人と車両を離れて乗ってみる

誰かと話してるとあっという間に感じるので効果あり。

長距離移動がまだ苦手なので徐々に距離を伸ばしていくリハビリをしています。

 

ただ、一歩踏み出してみることは大切ですが無理は禁物ですね。

あくまで治療にが最優先なので、電車に乗ることにこだわる必要はない。

電車が乗れない代わりに他の移動手段を見つけることもできるので。 

 

まとめ

パニック症状は人それぞれ違います。

ですが発作は突然起こる場合が多いと思います。そうなった時に少しでも自分が落ち着く対策を知っておくと心強いですよね。

 

ただ、ゆっくり自分のペースで治すこと。それが一番の近道なのかな?とも思います。 

「人間は自然と治す力がある」この言葉を信じているのでしっかり療養して、緩やかに生活していくことが最善の策です。

 

最後までお読み頂き誠にありがとうございます!