mochalog🍪

パニック障害を克服したら世界一周するブログ。人生もっと図太く自由に!

タリーズでも飲める!ニュージーランド発コーヒー『フラットホワイト』人気がじわじわ来てます。


f:id:mochachanccookie:20190106181034j:plain

こんにちは、mochaです!

 

私オーストラリアに1年、ニュージーランドではカフェで働いておりました。どちらもカフェ大国として有名なのです。現地では一般的でも日本にはまだ馴染みのないコーヒーがあるんです。

その一つが『フラットホワイト』です!

日本でも飲めるお店が増えてきたそうで、じわじわ人気が高まっています。その魅力をお伝えします!

 

 

フラットホワイトとは?

フラットホワイトとは、ニュージーランド発祥のコーヒー。(オーストラリア発祥という説もある。色々ややこしいのでオセアニア発祥といたしましょう)

 

エスプレッソに温めた牛乳を注いだコーヒーです。濃いめのコーヒーと口当たりの滑らかさが特徴です。

「Flat」・・・まっさらな、平らな

「White」・・・牛乳

・・・まっさらな牛乳ですね、直訳すると。説明って難しい。

(by.もかペディア)

 

”エスプレッソに牛乳”ってラテと同じだよねえ!ねえ!

 

ラテとは違います。

まずはこちらのお写真をご覧ください。これがフラットホワイトです。どん!

f:id:mochachanccookie:20190218210038j:image

 

やっぱりラテですね? 

そうなんです、見た目も内容もラテと同じ。じゃあ何が違うのか?

『上層部の泡の量』と

『エスプレッソの濃さ』が違うのです。

 

ラテやカプチーノとの違い

明確な違いは断面を見ていただくとわかるかと。

注意:図がそこそこ雑ですが悪しからず。

f:id:mochachanccookie:20190218210100p:image

泡の量

まずフラットホワイトは、上層部の泡がほとんどありません。

ラテやカプチーノは、口に含む時「泡」が口周りに付きますよね?上の図で比べてみてもわかるようにフラットホワイトには「泡」がほとんど乗っていないため、一口すすると「泡」はあっという間になくなります。

味の濃さ

そしてもう一つ、エスプレッソの濃さが違います。

上の図ではラテ、カプチーノ共にエスプレッソの量は同じです。フラットホワイトの場合、エスプレッソ抽出時の「最初の1番濃くて美味しい部分だけを使っています」。その「濃くて美味しい部分*1」を寄せ集めたコーヒーをフラットホワイトには使われているのです。

 

なので、滑らかで濃いめのラテと思っていただけたらよいかと!

 

こんな方にオススメ

  • 泡が苦手
  • カフェオレのような滑らか系が好き
  • ミルクはたっぷりめが好き
  • 濃いめが好き又はコーヒーの香りを強く感じたい

私はカプチーノの泡があまり得意ではないので、ミルク系を飲むならフラットホワイトかラテをよく飲んでいました。でもフラットホワイトだとちょっとミルクが多いんですよね。これが。

間をとってラテに落ち着いたり、行ったり来たり。笑

 

日本でフラットホワイトが飲めるお店

f:id:mochachanccookie:20190219171846j:image

(タリーズで飲んだフラットホワイト。可愛いペンアートまで施してくれました!)

 

きっとあなたのすぐそばに!タリーズコーヒー。

タリーズコーヒー(全国)

www.tullys.co.jp

 

東京近辺だとニュージーランド、

オーストラリア系のカフェに行けば飲めます。

Mojo Coffee(神楽坂・早稲田・原宿)

ニュージーランドといえばMojo Coffee 。カフェの街ウェリントンに巨大倉庫型焙煎所を構える有名店。

mojocoffee.jp

Coffee Supreme(渋谷)

ニュージーランド屈指のカフェの街ウェリントンから日本に来日。

おしゃれです、店員さんもお客さんもすごいおしゃれです。 うん。

www.coffeesupreme.com

Byron bay Coffee Company(日本橋・浜松町)

ここのフラットホワイトが個人的に1番美味しいです。

Byron Bay Coffee Company Japan

(サムネイルが表示されなかったのでURLだけ載せます!)

ちなみにDMMとかサイバーエージェントとかIT系の会社内にも入ってるそうですね。社員の方が羨ましい!

ALLPRESS ESPRESSO(全国)

大きな焙煎所は清澄白河にありますがAllpressの豆を扱うカフェは全国に点在しています。Cafe Finderで見つけることもできます!フラットホワイトの味はもちろんですが、ニュージーランドらしいゆっくりとした雰囲気がたまらなく好きです。

jp.allpressespresso.com

まとめ

ご興味ある方はぜひ。普段と違った味わいが楽しめると思うのでオススメです!

上で紹介した店舗以外でもちょくちょく見かけるようになりました。もしかしたら偶然立ち寄ったカフェにもフラットホワイトがあるかもしれません。ちなみに北米やヨーロッパにはもうすでに浸透しているそう。

 

濃いめで!泡の少ない!ラテ!

『フラットホワイト』のご紹介でした。

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

 

*1:Ristretto(リストレット):リストレットは通常のエスプレッソよりも抽出時間が短いため、味のバランスが大きく異なる。通常のエスプレッソより濃く、カフェインが少ない。これは抽出時間によってお湯に溶け出す化学物質が異なるため。