【コーヒー】何杯まで大丈夫?自分のカフェインの安全量を知ろう。


こんにちは、mochaです!

 

先日妊婦さん向けのカフェイン『安全量』について書かせていただきました。 

www.mochacookie.ltd

 

しかしこの記事を書いた後・・・

え?そもそも普通の成人が安全に摂取できる量を記事にせな!

👆ということで思い立ったら吉日!今回はこれがテーマです。 

 

特に読んで欲しい人

  1. コーヒーは1日3杯以上飲む人
  2. かつ、寝つきが悪いor眠りが浅いor何らかの睡眠の悩みがある人
  3. 何かとイライラすることが多い人
  4. 常にコーヒーを欲している人
  5. 自分じゃなくても周りに当てはまる人がいる人

 

 

 

 

 

カフェイン安全量を考えるきっかけ!エピソード

危険信号!カフェイン中毒

f:id:mochachanccookie:20190118172802j:plain

私は過去にニュージーランドでバリスタの仕事をしていました。

そこで出会った常連客とのやりとり。

元気?ご注文はいつもので大丈夫?

(海外ではお客ともこんな感じのフランクな会話。笑)

いや、いつものにエスプレッソショット追加で入れて!

ふぁー!今日飲みすぎじゃない?朝から何杯目?もうやめといたほうがいいよ。

(この常連客は毎日朝昼夕の3回来店する。)

実は最近眠れなくて...動悸もするし、カフェイン足りてないのかなと思ってさ!

それ違くない?カフェイン中毒になってるんだよ!

 

この常連客は少なくとも私が働いていた店で3杯以上、帰宅して3杯と、

合計で1日6杯もコーヒーを飲んでいた。

 

f:id:mochachanccookie:20190118172825j:plain

過剰摂取がもたらす悪影響

この常連さんは、バリバリ働くビジネスマンでした。

多くのビジネスマンにとって、『コーヒー休憩』は欠かせません。

コーヒーに含まれるカフェインは、身体に良いもの。

ただ、これを大量に摂取してしまうと悪影響へと傾いてしまいます。

(実際に日本でも2015年にカフェイン過剰摂取による死亡事故が報告されました。)

 

👇過剰摂取をしてしまうと・・・

  • 頭痛(筋肉が血管を圧迫する)
  • 不眠(覚醒作用)
  • 不安(中枢神経が過剰に働く)
  • 心拍数の増加(中枢神経が過剰に働く)

👇これを放置しておくと・・・

  1. 体がカフェインに慣れる(カフェイン耐性)
  2. 👉カフェインをもっと欲するようになる(カフェイン中毒)👈

 

👆これ僕やないですかーーーーーーーーーー!!!!!

だから言ってるやないの。今日はもうお預けよ☕️

これ重要!カフェインは身体に良い!

矛盾しているようですが、

カフェインは過剰に摂取しない限り、メリットしかありません。

 

  • リラックス効果(コーヒーアロマ)
  • 集中力向上(覚醒作用)
  • 基礎代謝を上げてダイエット効果(タンニン)
  • 抗酸化作用(ポリフェノール)
  • 頭痛の鎮痛効果(血管拡張する)

 

👆安全量を守っていれば、健康に作用します!

 

じゃあその『安全量』を教えてくれい!

 

あなたは何mg?安全量の表

※ご自身の体重によって異なります

安全とみなした量 体重40kgまで 体重60kgまで 体重80kgまで
成人:1日5.7mg/kgまで 1日228mgまで 1日342mgまで 1日456mgまで
小児~青年:1日3mg/kgまで 1日120mgまで 1日180mgまで 1日240mgまで

(欧州食品安全機構(EFSA)が摂取しても安全とみなしたカフェインの量)

参考文献:EFSA explains risk assessment. Caffeine

 

ちなみに私の体重は50kgなので【成人】→【体重60kgまでの項目】が私の『安全量』となります!

 

オッケーわかった、認めるよ。俺はカフェイン摂りすぎてた!

 

各飲み物・薬のカフェイン含有量

 

飲み物・薬 カフェイン量 内容量
ドリップコーヒー 100mg 150ml/1杯
エスプレッソ 80mg 40ml/1ショット
ラテ・カプチーノ 160mg 250ml/1杯
エナジードリンク 110mg 355ml/1杯
緑茶 30mg 150ml/1杯
ココア 50mg 150ml/1杯
頭痛薬 75mg 1日あたり
解熱鎮痛剤 240mg 1日あたり

※あくまで目安です!(条件により異なるので注意)

俺は1日6杯だから...600mg近くのカフェインを摂取していたのか!

私は1日2杯、適量ね!

不眠や動悸はカフェイン過剰摂取が原因なのかも...

 

結論

コーヒーはもともと健康食品。

上に書いてある通り、身体に与えるメリットは大きいのです。

『正しい量』であれば、カフェインは好影響に傾きます!

(ダイエット効果、頭痛緩和、リラックス効果など)

 

ただ、私がニュージーランドで出会ったこのお客さんのように、

1日6杯やそれ以上飲んでいると、カフェインは悪影響に傾きます!

 

もしカフェイン過剰摂取の可能性があって、

かつ睡眠障害やイライラ、不安などで悩んでいる方、又はそのような方が周りにいる方はぜひご自身の『カフェイン安全量』を目安にしてみてください。

 

大切なので最後にもう1度言わせてください。

コーヒーは正しい量であればとても身体にいい飲み物です!

f:id:mochachanccookie:20190118172848j:plain


 

ちょうどいいが、一番いい。素敵なコーヒライフを☕️

 

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

参考文献:EFSA explains risk assessment. Caffeine

http://www.efsa.europa.eu/en/supporting/pub/1103e

 

\面白かったら読者登録お願いいたします/