【コーヒー雑学】コーヒーの甘みを楽しみたいなら口の中を温めよう!


こんにちは、mochaです!

関東は春みたいにポカポカしてますね。

あ、まだ一歩も外に出てないんですけどね。笑

 

本題!

私は以前、コーヒー豆屋で働いておりました。

www.mochacookie.ltd

(現在はパニック障害療養のため退職しております。)

 

そこで聞いたコーヒー雑学なるものを紹介します! 

 

口腔内の温度で味覚が変わる

休憩時間にエスプレッソオタクによる『エスプレッソの話』を聞いていた。

(エスプレッソオタク=うちの社員)

休憩時間なのにものすごいテンションで、

はい!まずぬるま湯を飲んでからエスプレッソ飲んでみて!(ワクワク)

はい、美味しいです。ほんのり甘くて旨味がギュッですね。

はい!じゃあ次は氷水を飲んでからエスプレッソを口に含んでみて!(ドキドキ)

・・・・・うわっ!苦っっっっっっが!

口内の温度で味覚変わるんやで。ドヤっ!

 

味の『旨味』を司るのは『甘み』

f:id:mochachanccookie:20190121133421j:plain

私たちが何かを食べたり飲んだりしたときに感じる、『旨味』。

実はそれ、素材本来の『甘み』を感じたときに『旨味』となるとされています。

『旨味』って何だろうってずっと思ってたけど『甘み』の一種だったんやね!

 

『甘み』を感じる適温は?

その『甘み』を感じやすくなる温度が存在します。

それは30°〜40°。ぬるま湯くらいです!

 

ではそれ以外の温度、キンキンに冷えた氷水と白湯とぬるま湯で

『甘み』はどのように変化するのか再度比べてみました。

 

実験

温度による『甘み』の変化。

全て各温度の水を飲んでからエスプレッソッを飲んで比べます。

0°!キンキンに冷えた氷水 

  • 『甘み』を一切感じない
  • 味がそもそも薄い
  • うがいをしたい
  • 角のある苦味が口に広がる
  • 美味しくない

約60°!熱い白湯

  • 『甘み』がある
  • 熱くて味がよくわからない
  • まろやかな苦味
  • 味は悪くないけど熱くてそれどころじゃ無い

30°〜40°!これぞ『甘み』の適温ぬるま湯 

  • 『甘み』がある
  • 豆本来の味を感じる
  • 口当たりが柔らかく飲みやすい
  • ハイカカオみたいな『苦味』『甘み』のバランス

結論

ちょっと極端なやり方でしたでしょうか。笑

口腔内が30°〜40°が最も『甘み』を感じます。

そしてこれが『旨味』の決め手になるわけです。

 

コーヒーひとつでも温度でこれだけ差が出ます!

 

温度!温度かー!メモメモ...📝

 

まとめ

f:id:mochachanccookie:20190121132603j:plain

今回はエスプレッソでの実験をご紹介しましたが

他の食べ物、飲み物も同じです。

 

例えばサツマイモ!

最近食べて気づきましたよ、私は。笑

サツマイモもちょい冷めくらいが『激甘』よん!

 

『旨味』を感じる温度は30°〜40°!と覚えておきましょう。

 

これを知って以降、

『エスプレッソ』を注文するお客さんには細心の注意を払うようになりました。笑(そもそもエスプレッソだけ飲む人あまりいないですが)

お客さん!エスプレッソ飲むならぬるま湯を、どぞ!

(飲む側からしたらこれ、おせっかいでしょうかね?笑)

せっかく飲むなら美味しくしてね! 

でも本当に、

煮物とかもちょっと冷めたくらいが美味しくないですか?

 

そこは個人の好みだね!ドヤ!

 

他のコーヒーにまつわる記事いくつかご紹介します。

 

www.mochacookie.ltd

 

 

www.mochacookie.ltd

 

 

www.mochacookie.ltd

 

最後まで読んでいただきまことにありがとうございます。 

\よろしければ読者登録お願いします/

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村