mochalog🍪

パニック障害を克服したら世界一周するブログ。人生もっと図太く自由に!

シンプルな焼菓子は美味しい。私が思う焼菓子の魅力とは。(コーヒー豆屋で焼菓子を学ぶ編)


こんにちは、mochaです!

バタバタしていて更新遅れました・・・

 

さて今回が最終回ですが、

焼菓子の魅力についてシリーズでお伝えしております。

 

前回までの話

www.mochacookie.ltd

www.mochacookie.ltd

で!今回が最終回になります。 

 

私は体調と相談して『珈琲と焼菓子』のお店を始めたいと考えています。密かに。

前職の経験がかなり影響しているのですがそれを踏まえ、どんなお店にしたいのか?をたくさん書いています。笑

それが今回の内容になります。

 

ちょっと固い内容かもしれません。ぼーっと横になりながらでも読んでみてください!

 

焼菓子をコーヒーと同等にこだわる店との出会い

f:id:mochachanccookie:20190315170253j:image

どんなお店?

地元のとある豆屋さんとの出会い。小さなお店でコーヒー焙煎や豆販売、カフェ業務をやっています。そこには思わず笑顔がこぼれてしまうほど美味しい焼菓子がたくさん並べられているのですが、全てお店で手作りしているのです。

コーヒーも有名ですが、焼菓子だけ買いに来るお客さんも多いお店。 

ここで働きたい!

お店の考えとしては『コーヒーと同等に焼菓子にもこだわり、コーヒーのある暮らしをより楽しんでもらいたい』ということでした。とにかくめちゃくちゃ素敵なお店です。これに感激した私は履歴書を持っていき、幸運にも働かせてもらうことになりました。(現在は退職しております)

 

最初に与えられた仕事は、コーヒー抽出と焼菓子製造でした。

f:id:mochachanccookie:20190315172657p:image

当時はよっぽどコーヒーに意欲的だったせいか、

「早くコーヒー豆に触れる仕事がしたい」なんて考えていました。

でも不思議なことに嫌になるどころか、次第に焼菓子作りが楽しくてしょうがなくなってきたのです。

 

なぜ焼菓子作りが楽しくなってしまったのか

一人で没頭できる作業が好きだから

実は接客でわいわいするタイプより裏で黙々と作業してる方が楽しいことに気がつきました。そして夢中になれる。

コーヒーもそうですが焼菓子も作ってみると奥が深いです。オーブンの微妙な温度の違いや食材の状態によって変化する味。私は昔からそういう気難しさに惹かれる性格でして、そうこうしている内に1日があっという間に過ぎていきます。

完全に焼菓子作りに夢中になってしまっていました。

(いろんな難しさを知った職場でもありましたが→過去記事)

 

フードペアリングのこと

(フードペアリングとは→過去記事)

コーヒー豆屋でありながら焼菓子屋でもあるお店で、お客さんが求めているサービスはフードペアリングでした。

接客をしていると大抵こういう質問が飛んできます。

エチオピアモカに合う焼菓子を下さい。

酸味の強いコーヒーに合うお菓子ってある?

ガトーショコラを相性の良いコーヒーと一緒に楽しみたいのですが?

「そんなの個人の好みでしょうに!」

と言いたくなりますが、お客さんはスタッフの意見を元に納得した上でコーヒータイムを楽しみたいはず。作り手の私はお客さんと一緒に選ぶ仕事も好きになりました。

 

私がペアリングに魅了されたのは間違いなくこのお店があってこそ。

 

コーヒーの引き立て役=焼菓子

だからこそ焼菓子作りもこだわるべき。

社長は「コーヒーもお菓子も最高に美味しいものを提供したい」という考えのもと、菓子作りにおいてコーヒーの美味しさを引き立ててくれる菓子作りを絶対としていました。素敵だなぁと思ったわけです。

 

まとめ

焼菓子はコーヒーのある暮らしをもっと豊かにしてくれる。だから好きなんだと思います。おまけですが、コーヒーの個性を活かすために焼菓子にはシンプルであって欲しいのです。 

 

ほろ苦いコーヒーにほんのり甘さを加えてくれるバタークッキーだったり、シトラス系の酸味を引き立てるレモンのタルトだったり、無きゃ無いで良いかもしれないけど一緒に食べるもっと幸せ。みたいな関係性が好きです。

この素敵なペアリングを楽しんでもらいたい!魅力を伝えたい!と強く感じたことがきっかけでお店を持ちたいと思ったのです。

 

体調を見ながら少しずつですが準備しております。

まだ先のことかもしれませんが心の片隅で見守っていてください・・・全然強要はしません。笑

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。