mochalog🍪

パニック障害を克服したら世界一周するブログ。人生もっと図太く自由に!

可愛いけどずっと一緒はちょっと...私とチワワの2日間。


こんにちは、mochaです!

 

こんにちは、ハナです。

 

今日は愛犬チワワのお話。

f:id:mochachanccookie:20190112180640j:plain

一昔前のギャルが頭に付けてたような花冠腰に巻いてるのはスルーしてください。

 

【記事概要】

愛犬のハナちゃんが飼育委員さんとして慕う父親、そして我が子のように可愛がる母親が二人で京都に行ってしまったので、私と二人きりで留守番をしたお話。

可愛いけどめ○どくさい。振り回されっぱなしの2日間でした。チワワの性質?それともハナちゃんの性格なのか?そういった内容になってます。可愛いんですよ!可愛いんですけど・・・

 

ちなみに以前も、色々ありました。

www.mochacookie.ltd

 

 

 

ハナちゃんについて

f:id:mochachanccookie:20190112180640j:plain

  • 14歳
  • 茶色いティーカップチワワという小さめチワワ
  • 怖がり
  • なのに、自立心旺盛
  • 一応おおらか
  • なんでも食べ物だと思ってバキュームする癖がある
  • 私の父親を飼育係のように慕う

↓少なくともこのようなキラキラやんちゃ系の犬とは

逆の性格をお持ちだということがお分かりいただけただろうか。

f:id:mochachanccookie:20190213102903j:plain

 

事の発端

父と母は週末に京都に出かけることに。私は現在家族と暮らしています。姉夫婦は隣に住んでいますが基本的にはいないので、私とハナちゃんが二人っきりで過ごすことになりました。

 

本題のはじまりはじまり

1.父母が京都に出発

父・母:「はい、行ってきますー。」

見送りの直後からずっとこれです。硬直して動きません。

現実を受け止められないみたいな背中。

f:id:mochachanccookie:20190213112944j:image

はい、もうこたつに戻ろう!寒いから、ほら!

・・・・・・・・(ちょっと静かにしててくれる?) 

全く聞く耳持たずで玄関でじっとしているので、私が諦めました。

 

2.二人っきりで過ごす初めての夜

夜ご飯

ハナちゃんの夜ご飯が一番の難所なのです。

なぜなら飼育係さんとして慕う父以外の人があげるご飯は食べないから。

 

飼育係さん(父)は、ご飯のあげ方や手順などをメモに残してくれました。

f:id:mochachanccookie:20190213233020j:plain

笑

 

父はすごくマメなタイプということもお分かりいただけたでしょうか。

 

↑さて、この手順通りにちゃんと作りました。

はい、ハナちゃんお待たせ〜!おすわり!!!!!お手!

(いつも父がやってる芸もしっかりやらせてみた)

・・・・・(無視)

ドッグフードの上に鰹節を乗せたりいりいろ試行錯誤したが、全く食べてくれなかったので諦めて放置したら嫌々食べ始めた。でも完食はしなかった。

就寝タイム

ここまで読んでいただけていたらもう予想がつくはずです。

ハナちゃんは、飼育係の父と一緒に寝ています。(娘の私からしたら結構キツめ)

だから最初から私と寝ないことは承知だったので、いつものように父の布団まで運んであげました。父のいない布団を見るや否や、

(やっぱりいないか・・・)

と言わんばかりに、私の元に戻ってきました。

あら?ハナちゃん私と一緒に寝たいのかな?(ちょっと嬉しい)

・・・・・(勘違いするな)

みたいな冷たい目をしたまま、玄関に座り込み始めました。

さすがにこれにはちょっとショックを隠せない私。

 

仕方がないので玄関に犬用のマットとストーブを設置して一晩ここにいても寒くないよう施し、それぞれの部屋で就寝。

 

3.翌日

朝

私はまだがっつり寝ていました。でも夢の中でかすかにハナちゃんのかすれ声が聞こえて来て、目を覚ますと・・・

侍のような目をしたハナちゃんが目の前に。

ワン!(おい!ご飯まだか!)

時刻はまだAM6:30。

これがハナちゃんです。チワワがみんなそうなんでしょうか?

 

夜

私は友達の誕生日イラストを頼まれ、作業に打ち込んでいました。

イラスト描く時の楽しみとして好きな音楽を流しながら描くのが好きでして、父母が不在ということで割と大きめのボリュームで流していたんです。

すると・・・

クゥーーーーーン。

震えながら私を見つめるハナちゃん。

音量です。ハナちゃんが震えていたのはこのBGMの音量が大きかったから!

 

なんとまあ、め○どくさい。

でもだんだんとハナちゃんのことをわかってきた自分がいました。

 

その日の夜は私も玄関のそばの和室に布団を敷き、ハナちゃんの近くで寝ることに。

 

4.父母帰宅

ハナちゃん!飼育係父が帰ってくるよー! 

何かを察したハナちゃん。

(うるうるギラギラうるうるギラギラ)+震え

 

父母が帰宅したと同時に、あたかも辛い留守番生活でしたみたいな表情で迎えるハナちゃん。手の裏返した、みたいな。これがハナちゃんです。

 

まとめ

とにかく可愛いんです。

可愛いんですけど、用もないのに震え出したり甘えてきたり、かと思いきやAM6:30に侍のような眼差しで攻め寄ってきたり・・・ヨクワカラナイ。

 

一緒に暮らしている期間は長いですが、二人っきりになって初めて愛犬の素が見えたというか・・・チワワって難しい!

大型犬とは違うので扱いが慎重になっちゃいます。気張りました、だいぶ。

 

何はともあれ、少し距離が縮まった気がするのでこれからはもっとハナちゃんと仲良く暮らしていけそうです。(向こうがどう思っているかは知りませんが)

 

以上です。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます!