背伸びダメ!等身大で生きることが大事。2年間の海外生活で学んだこと。


記事概要

 

  • 背伸びすると人間キャパオーバーになる
  • その結果何かしらの不幸がふりかかる
  • 出来っこないこと、嫌なことにNO!自分が出来る役割だけ果たす

 

 

 

背伸びとは?

 

  • 「背伸び」とは、明らかに自分のキャパをオーバーしていることを無理して引き受けてしまうこと
  • もっと最悪なのは誰にもヘルプを求めないのも背伸びと言う(←これ私)

 

私はニュージーランドでコーヒー関係の仕事をしていました。

最初の頃はまず語学面で苦しみ、慣れない仕事でミスを連発。

上司に毎日怒鳴りつけられる日々でした。

次第に仕事に慣れ始め、責任感も芽生え始めた頃、上司に

店舗のマネージャーにならないか?

という相談を持ちかけられました。

本当はすごく嫌なのに、キャリアのためだ!と・・・

はい!やらせてください!

と柄にもないことを言ってしまった。

 

本当はもうニュージーランドでの仕事に飽きていて、日本でコーヒーの仕事をしたいと思っていたのに、背伸びのYESを言ってしまいました。 

 

f:id:mochachanccookie:20190106181034j:plain


 

その結果

 

  • いつかはボロが出る
  • 自分のキャパに見合わないことをやり続けると何かしらの不幸がふりかかる

 

マネージャーを急遽務めることになり、就労ビザも延長しました。

その後なぜか次第に店舗の売り上げが下がり、社長はスタッフ何人かを辞めさせてしまったのです。 

よし!今こそリーダーシップを発揮せねば!

売り上げを伸ばそうと試行錯誤しましたが、結論、私にはもうキャパオーバーでした。

 

仕事のことがストレスで次第に不眠になり、当時一緒に暮らしていた彼氏ともうまくいかなくなりました。

 

出来っこないことにNO!

 

  • 出来そうにないことは引き受けない
  • 自分の役割を全うする
  • 等身大で生きる

 

その後ようやく社長に相談しました。

すみません。私にはもうキャパオーバーです!ニホンカエリタイ!

就労ビザの期限も切れ日本に帰国したのは良いものの、その後しばらく失敗体験だけが私の頭の中を支配していました。元々、劣等感強めなのにさらに追い打ちかけられた感じですね。それ以降、「等身大で生きよう」と心に決めました。

 

「等身大で生きる」とは、自分の役割を全うすることです。

あなたはあなたなりに出来ることをやろう!ということです。

 

そして自分に出来っこないとわかっていることをわざわざ引き受けないことも大切です。

出来ないなら出来ないなりに、「ヘルプ!手伝って!ヘルプミー!」が言えさえすれば良いと思います。私はこれが出来ずに一人で悪あがきし、ドツボにハマりました。

 

最後に

最近ネットやTwitterを見てると皆さんしっかりした意見をお持ちだなぁ!と感心してしまうばかりで、焦ってしまうことが多いのです。笑

やばい!私もフォロワー増やさなきゃ!とか、インフルエンスな発言をせねば!とか一人で焦っていたのですが、よくよく考えたら私には出来っこないのです。

出来たとしても、おそらく意識高い言葉を吐き続けるのは私には不可能なのです。

 

人は人。自分は自分。

自分の役割を全うすれば良いのだと思います。 

それが等身大で生きるということだと私は思いました。

 

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます!