ほっこり。月曜日に贈る言葉。(3月11日)


f:id:mochachanccookie:20190307102923p:image

どうも、mochaです!

 

今日から新しい1週間のスタート、月曜日ですね。

 

震災からちょうど8年ですね。

被害に遭われた方にこの場で御冥福をお祈りします。

 

新たな週のスタートにほっこりする言葉をポツリ。

 

心に響くか響かないかは置いといて、

もか叔母さんが独断で抜粋した言葉を贈ります。

何か感じるものがあれば幸いです。

 

今日は私の大好きなロバート・ハリスさんの本より。

  • 朝、ストレートで飲むアールグレイ・ティー
  • 買ったばかりのシャツの肌触り
  • 新しい本の匂い
  • 映画館のライトが消える瞬間
  • とろろの食感
  • バックギャモン・ボードの上を転がるダイスの音
  • 友人の笑顔
  • 女性のうなじ
  • 人が紡ぐ物語
  • 履き心地の良い靴
  • 冬の匂い
  • 夕闇が迫るころの商店街
  • 異国のホテルのベッドでの目覚め
  • カフェでの読書
  • 娘の笑い声

そう、日常には小さな幸せが溢れている。


『アウトサイダーの幸福論』ロバート・ハリス著 集英社新書 P.113より引用 

 

ふとした時に小さな幸せを発見できた時なんか嬉しいですよね。

 

私は何かの手違いで早く目覚めてしまった時、

夜と朝の境目の空とシンと静まり返る道路を見た時、ちょっとモヤもかかってたりして、あ〜なんか良いな。と感じます。

 

一度きりの人生を全力で楽しむために必要なのは何か?アウトサイダーだからこそ語れる、路上と放浪の人生哲学。よろしければご覧下さい。

素敵な1週間になりますように。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。