mochalog🍪

パニック障害を克服したら世界一周するブログ。人生もっと図太く自由に!

【パニック障害】えっ、治らない?「寛解」という意味とは。


こんにちは!mochaです🍪!

記事書きたくて早く起きました。笑

 

実は、

先日素晴らしい記事をお見かけしまして、

chelee.hatenablog.com

あーりーさんのこちら記事。

 

私自身がパニック障害患者だということと

キンプリことKing&Prince岩橋玄樹くんの様子を以前から心配してたので目に止まった。

 

岩橋くんは「ZIP!」でよく目にしていたので、

自分と勝手にリンクさせてしまってとてもショックを受けた。

 

そしてSexy Zoneの松島聡くんも然り。

私が発作で1番しんどかった8月、

「24時間テレビ」で元気な姿を見せてたので、びっくりした。

 

あ、あ、あんなに元気だったのに!頑張り屋さんだったのね...

 

あーりーさんは、この2人について世間に伝えたいことをパニック障害患者として記事にしていましたのですが、

私はこの記事を読んで、気になるワードを発見した。

 

それがこちら↓

パニック障害やうつ病は「完治」ではなく「寛解」という言葉が使われます。いつ治ったという明確なものはありません。 

”あーりーの自律神経より引用”

https://chelee.hatenablog.com/entry/2018/12/26/210000

 

はて?「寛解」って生まれて初めて聞いた。 ちょ!それって「完治」とは違うの!?パニック障害は治らないってことー?大焦り

f:id:mochachanccookie:20190215154931j:image

 

「寛解」とは

What is Kankai?笑

わたし無知なもんで、初めてこの言葉を耳にしました。

おったまげな顔をしてたでしょう。

(赤ちゃんが初めてレモン食べたみたいな感じ。)

寛解とは

永続的であるか一時的であるかを問わず、病気による症状が好転または、ほぼ消失し、臨床的にコントロールされた状態を指す。すなわち、一般的な意味で完治せずとも、臨床的に「問題ない程度」にまで状態がよくなる、あるいはその状態が続けば寛解したと見なす。 ”Wikipediaより引用

治癒 - Wikipedia

 

つまり、

「完璧に治った」という基準が明確にない病気の場合に、「治った」状況を表す言葉。

 

はにゃ?ダメだ全然理解できん。もっとわかりやすく!

 

「寛解」も「完治」同様、病気が治ったという意味にはなる。

治ることは治るんです。パニック障害も。

 

ただ、パニック障害には明確な基準がなく、

「この基準を満たしているので完治しましたよ!」とは必ずしも言い切れない。

でも「問題のない程度」にまで治ることは治る。

その「問題のない状態」を維持していることを「寛解」というんですね。

 

言葉の意味自体は「完治」同様。

ただ、病気によって言い方が変わるということ。 

 

はい、安心。結論!パニック障害も治ります。

 

いざ、使い分けてみます

はい、覚えたらわたしは早速使い分けてみた。

 

「完治」?それとも「寛解」?

インフルエンザ:「完治」

インフルエンザは体にウイルスが入るとかかる病気ですよね。1週間は出社できないやつ。ウイルスが体内に入って起こる病気なので、ウイルスが体から抜けちゃえば治ったと言えるわけです。

「発症後5日を経過し、かつ熱が下がって2日を経過している状態」と基準がちゃんとあるので、この場合「完治」という言葉を使う。

喘息:「寛解」

喘息は体質やアレルギーの問題で起こる疾患。喘息の度合いによっても異なるが、一定期間発作が起きていない状態が続けば治ったと言える。しかし、体質の病気なので体質が変わらなければ再び起こる可能性を秘めている。

治るけど、内に秘めている問題なので再び起こる可能性がある。したがって「寛解」とい言葉を使う。

ヘルペス:「寛解」

ヘルペスも体内に菌が入って起こる病気。だから菌さえ体から抜けちゃえば治ったと言える。しかしヘルペスの場合、一度菌が入るとずっと内に秘めている。疲れやストレスなどが要因となって再び発症する可能性もある。だから「寛解」と言う言葉を使う。

 

喘息もヘルペスもパニック障害も、治るんです。

基準がないため「完治」と言う言葉は使わないということ。

あと、良くなっても再発の可能性を秘めている病気も「寛解」を用いるわけですね。

 

もはや国語の授業ダネ!

 

まとめ

これで、パニック障害は治ります!と明確になった。(STAP細胞はあります的な。)

知らない言葉ってまだまだたくさんあるんですね。新たに発見できてよかった。

ただ「完治」と言う言葉を用いず「寛解」というっていうことだったのですね!

意味合い的には一緒。はー!スッキリした。

 

わたし自身、日々自分の病気と向き合っていて、まだまだ知らないことの方が多いのであーりーさんの記事はとても勉強になります。

 

わたしも今のいい状態を維持して、「寛解」したいと思いました。

引き続き、体に耳を傾けてゆっくり自分のペースで治していきます。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!